【VALORANT初心者向け】グラフィック設定

フレームレートの重要性

シューティングゲームでの撃ち合いで非常に重要な要素がフレームレート(モニターが1秒間に何枚の静止画を表示できるかの数値※fps)です。

fps(フレームレート)が低いと、こちらのモニターでは弾が当たってそうなのに外れた、なんて事がよくあります。

VALOの初期設定がまずい

しかしVALORANTでは、初期設定で最大60FPSに制限がかかっています。

60FPS制限を解除し、その他設定を見直すことで撃ち合いは格段に有利になります。

<目次>
60FPS制限を解除する
FPSを安定させるグラフィック品質
FPS値を画面に常に表示する

60FPS制限を解除する

「設定」→「グラフィック」→「一般」を開きます。

最高FPSの部分が全て初期設定では60FPSになっています。そこを自分のモニターのHzより少し高い値を設定しましょう。  

例 144Hzのモニター→165 165㎐のモニター→185

画面モードはフルスクリーン、アスペクト比はレターボックス、解像度は自分のモニターに合ったものにしましょう。

グラフィック品質

「設定」→「グラフィック」→「グラフィック品質」を開きます。上の画像のように設定を変えてください。

マルチレッドレンダリング→オフ  マテリアル→低

テクスチャー→低         ディティール→低

UI→低              ビネット→オフ

Vsync→オフ           アンチエイリス→なし

異方性フィルタリング→8s    明瞭度を上げる→オン

シャープネスの動的補正→オフ   ブルーム→オフ

ディストーション→オフ      キャストシャドウ→オフ

人によってはテクスチャーを中にしたり自分なりにカスタマイズしますが、あまり高スペックではないPCの方は上記の設定がおすすめです。

FPS値を表示させる

「設定」→「グラフィック」→「データ」を開きます。client FPSという項目を、テキストのみかグラフのみか両方を表示するか選びます。すると画面に常にFPSが表示されるようになります。パケロスやレイテンシなども表示させることが可能です。